40代の髪の毛悩みならおまかせ|抜け毛や薄毛の人を助けたい

植毛には二種類ある

鏡を見る男の人

髪の毛が少なくなってきたら植毛をする人も多いでしょう。植毛というのは頭皮に毛を埋め込むことをいいます。これは外科的な手術を行いますので、医療行為の1つに含まれています。植毛には二種類あります。まず1つ目に、合成繊維で作られた人口的な毛髪を埋め込む人工毛植毛と呼ばれる方法です。次に自分の髪の毛を移植する自毛植毛の二種類があります。人工毛はポリエステルやナイロンなどの合成繊維で作られています。人工毛なら埋め込む時に髪の毛の量や長さを選ぶことが可能です。一回の施術で自分のイメージした髪型にすることができます。人工植毛は年に何回かメンテナンスを受けなければなりません。自毛植毛は自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する方法です。移植した毛が定着すると、ずっと生え続けるでしょう。抜けてしまっても、また自然に生えてきます。その為メンテナンスを受ける必要がありません。自然な仕上がりになるはずです。ですが、自毛植毛は効果はすぐに出ません。効果を実感するのに長くて1年近くかかります。ですので、どちらかが優れているということはありません。自分が望む効果を得られる方法を選ぶようにしましょう。植毛を行う病院を選ぶポイントはお医者さんの経験などを考慮してください。経験が浅い人では何かトラブルが起きた場合対処できないかもしれません。そういったことがないように技術だけでなく、経験豊富なお医者さんを選びましょう。他には植毛を行う前にちゃんと相談に乗ってくれるかどうかも肝心です。